スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

警察24時終わるのか〜

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

子供の頃から時たま観てたテレビ番組「激録・警察密着24時!」が番組制作中止になると、テレビ東京の社長が会見を開きそこで発表されましたね。

ことの発端は番組で取り上げた事件で、逮捕者が出たことを番組内で伝えました。しかしその後、逮捕された4人のうち3人は不起訴になったのにも関わらず、それについて一切触れませんでした。
それに加えて、番組内のナレーションや演出に過剰な表現があったことも問題視され、批判が殺到していました。

これを受けてテレ東の社長は、番組続行は不可能であると判断して制作中止の決断をしたのだと思います。

今回の件を受けて2点ほど私の感想があります。子供の頃から続いてた番組が終わってしまうのはちょっとした寂しく感じることが一点。
そして、それほどまでに過剰な演出をしなければいけないほど、視聴率取れないと考えていることも問題、という点です。

昨今(私もそうなのですが)テレビを視聴する人が減っている傾向にありますよね?
そうなってくると、どうしても限られた椅子の取り合い(ここでは視聴者のこと)をするしかなくなります。
その現状があるから、今回のような過激な演出や過剰な脚色、場合によっては捏造といったことをしてしまう、といった問題が出てくるのだと思います。過激な表現の方が、どうしても目を惹きますからね。

こういうことが昨今あまりにも目に余るから、私はテレビを観なくなりました。
一応テレ東としては番組制作は外部の会社がやっていた為バックチェックが出来ていなかった、今回の件を受けて再発防止に努める、との説明をしたようです。
ただ、いくら再発防止を検討してもテレビを見る人自体が減少している状況が変わらない限り、根本的な解決にはならないんじゃないか?と思います。
実際この会見を見聞きして、テレビから離れてしまった人が「テレビもう一回見てみようかな?」と思いますかね?むしろ不信感が募っていくだけだと思うんですけど…

正直テレビ業界は地上波へのリソースを減らしても良いんじゃないか、と思っています。いっそのことネット番組に全力を注いでしまった方が、まだ未来はあるんじゃないかと、個人的に思ってしまうのですがどうでしょうかね?

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA