スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

枕を高くして眠るために必要な『たった一つの』心構え

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

今回は【枕を高くして眠るために必要な『たった一つの』心構え】について書いていこうと思います。
あっ、ちなみに”物理的な”枕の高さではありませんよ^^;
そっちだと思われた方は申し訳ありません🙇‍♂️

さて、今回お話しする『枕を高くして寝る』ですが、『精神的に安定して眠りにつくことが出来る状態のこと』、を指します。(わざわざ説明することでもありませんかね😅)
普通に生活していれば寝る時は安眠できますよね?
「明日の仕事憂鬱だな〜」「うわぁ〜、楽しみにしている週末の予定まで待ち切れないぜ!」といった状態だったら、睡眠に少なからず影響が出ると思います。
ですが、わざわざ枕を高くしているかどうかを気にすることは、あまりないはずです。
物理的な枕の高さは置いておいて。(いや、もういいって🤣)

なぜこんなことをテーマにして書いているのか?を説明すると、私自身「投資を行っていて心掛けていることの一つだから」です。
投資をやっていると得することもあれば、損することもあります。これは資産運用&投資を行っていれば、避けては通れない必ず起きることであり、ほとんどの方が知っていることです。

ではなぜ投資で全財産を失ったり、ましては借金する人が後を絶たないのでしょうか?
それは『リスク許容度』を無視しているからです。リスク許容度を甘く見ているからこそ、上記のようなことになってしまうのです。
※リスク許容度…投資などで、どれだけの損失までだったら耐えられるか?、という自分なりの基準のことです。

ここで本題に戻ります。リスク許容度を無視して投資をしていると、必ず安眠できない時が訪れます。
私自身FXに手を出していた時期があり、結構な含み損を経験した時期があります。その時期は仕事中も気が気ではありませんでしたし、ぐっすり眠ることなんか出来ませんでした。
その経験があるからこそ、「投資においては、リスク許容度を守っていこう!」「その基準は含み損を抱えていたとしても、安眠できることを基準にしよう!」、こういう結論に至ったわけです。

もちろんFXは”投資”ではなく”投機”ですし、「何も分からない初心者の状態で始めてしまったから(いわゆる未熟だったから)、とんでもない損失を被ってしまっただけ」こう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
それはおっしゃる通りです。そもそも資産運用初心者の段階で、最初に手を出すべきものではなかったことも分かっています。

そういったご意見があることは承知の上で、それでも今ではリスク許容度を考える良いキッカケになった、こう考えてます。

皆さんも資産運用する際の目安の一つとして、枕を高くして眠れるかどうか?ということを、意識してみてはいかがでしょうか?
っとここまでリスク許容度=損失っと書いてきましたが、人によっては
🥲「損したことが無いから分からない」このような方がいらっしゃると思います。(稀だとは思いますが…😅)

そんな方に一つの判断基準をお教えします。それは「利益が出ている金額と同じだけの損が出た場合を考えてみる」です。
例えば1万円利益が出ていたら1万円損している
5万円利益が出ていたら5万円損している
100万円利益が……っといった具合に逆に考えてみることをオススメします。
逆転の発想をすれば、見える景色も変わってきますよ。そうです、逆に考えるんです。あげちゃってもいいさ、っと。(いやなんの話?)

今回の内容いかがでしたでしょうか?

ブログだけでなく、Youtubeもやっています。つい先日ありがたいことにチャンネル登録者数が100人を突破しました。
このブログ記事が少しでも心に刺さったら、Youtubeのチャンネル登録も宜しければ、お願いします🙇

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA