スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

投資を始めて一年以上経過した私が心待ちにしている【たった1つ】のこと

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

私は現在、つみたてNISAiDeCoといった税制優遇制度を利用してインデックス投資を行っています。

※こちらの記事もあわせて読んでいただけると嬉しいです。⇩

※現状の投資成績はプラスになったかと思えばマイナスになる(どちらも金額は数千円程度)という状態です。

心待ちにしていること

そんな私は、投資をしていく中で
😤「早めに経験しておきたい!」と心待ちにしていることがあります。

それは、株式市場の【暴落を経験する】ことです。

投資をしているのに暴落を心待ちにしていることを、変に思う方も多いと思います。

暴落を心待ちにしているのには、ちゃんとした理由があります。

以下の2点の理由です。

  • 自分のリスク許容度がちゃんと分かるから
  • 投資金額が大きくなってからだとダメージがデカい

順番に説明していきます。

自分のリスク許容度がちゃんと分かるから

投資をしていらっしゃる方には【リスク許容度】について、説明不要だと思います。(耳にイカができるくらい聞いているでしょう)

リスク許容度】という言葉を聞いたことがない方に説明すると、
「自分がどれくらい損をしても耐えられるか?
ということです。

実際に損失を出してみないと、『頭では分かっているつもり』状態になってしまうと思っています。

冒頭でも書きましたが、私は数千円程度の損失しか経験していません。

なので自分のリスク許容度について、分かっているつもり状態になっています。

こればっかりは実際に経験してみないと実感が湧かないと思うので、これが暴落を望んでいる理由の一つです。

投資金額が大きくなってからだとダメージがデカい

私の総投資額は現時点で数十万円です。

もし仮に暴落が起きて総資産額の半分くらい減ってしまっても、それほどの痛手になりません。

※もちろん減ってしまうのは、ものすごくストレスを感じますし悲しくなります。

ですが総資産額が数百万(数千万)まで増えた段階で暴落を経験してしまったら、失う資産は相当な金額になります。

同じ痛みを伴うことなら傷が浅く済む方が良い

そう考えているので、総資産額が小さい内に暴落を経験しておきたいんです。

これが2つ目の理由です。

まとめ

100つの知識を詰め込むより、1つの経験を積む方が学びが大きいと考えています。

投資をしていく以上、市場の暴落にまったく遭遇しないなんてありえません

避けられないのであれば、【どうせ経験するなら早い方が良い】精神で暴落を心待ちにしています。

ですが経験をしたいと思っているとはいえ、精神的なダメージはなるべく抑えたいです。

なので最悪の場合を想定し

本当に耐えられそうか?🤔」

リスク許容度は大丈夫か?🤔」

を常に考えて投資していきたいです。

※アイキャッチ画像の出典:いらすとや様

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA