スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

また円安が進行してるけど”為替介入”する気あるのかな?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

ここ2•3年続いている歴史的な”円安”
輸入品やガソリンの値段上昇に繋がり、日々の生活が苦しくなるばかりです。

そんな円安ですが、記事作成の時点で150円近辺になってます。

去年も同じような状況ありましたよね?

去年同じように150円近辺に差し掛かった時には、(一時的とは言え)2〜3円ほど円高が進みました。

これを受けて世間&市場からは「政府による為替介入があるんじゃないか?」とも言われていました。
実際には「為替介入?やってないよ!」と数ヶ月後に財務省から正式な発表がありました。

今回はどうなりますかね?
去年の段階でも「これ以上の円安は容認できない」という口先だけで牽制していましたけど、今回もやるんですか?

今日本企業が儲かってるのって、この歴史的な円安の恩恵によるものですよね?

つまり為替介入によって円高に向かわせるという行為を、大企業に忖度してる自民党がそんな決断できますかね?

今回も”口先だけ”で終わりそうな気が個人的にはしています。

とはいえ、これ以上円安進行したら私たちの生活ってどうなりますかね?

実質賃金がほぼほぼ2年近くマイナスになっている今の現状で、さらに追い打ちかけるんですか?そんな行為、死体蹴りに近いですよね?
対戦ゲームならマナー違反ですよ!(一体何を言っているんだ…)

一部の企業だけが儲かってもしょうがないと思うんですけどね。

なってほしくなんですが「150円以上に円安が進行してしまう」そんな事態になったらどうしていくか、ちゃんと考えて日々生きていこうと思います。

”常に最悪の事態を想定する”これから生きていく上で、この考えが重要だと強く思う昨今の現状ですよね。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA