スポンサーリンク



投資関係 PR

あの証券会社から『とんでもない』嬉しいお知らせが!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

PR

今日の話題

2023年8月31日に『松井証券』から、こんなニュースが発表されました。※以下「松井証券HP」から引用

松井証券は、2024年1月より始まる新NISA制度(以下「新NISA」)において、日本株、米国株、投資信託の売買手数料を無料とすることをお知らせします。

新NISAでは、現行NISAで売買手数料を無料としている日本株、投資信託に加え、米国株においても売買手数料を無料とし、新NISAの対象3商品における売買手数料を全て無料とします。

また、本年11月より開始予定の新サービス「最大1%貯まる投信残高ポイントサービス」を利用することで、特定口座、一般口座だけでなく、現行NISA口座、新NISA口座でも投信残高の最大1%のポイント還元を毎月受けることが可能となります。

広告

みなさん!コレ凄くないですか?

日本株や投資信託売買手数料無料は様々な証券会社が打ち出していますが、米国株手数料無料は『松井証券』特有のサービスになります。
※少なくとも今の所

投資において避けなければいけない事の1つに、【無駄なコストを払う】があります。

税金然り売買手数料然り、一回あたり大した事ないと思っていても積み重なると馬鹿にならないコストになります。

NISA(つみたて&新NISAも)は利益に関して非課税の制度ですので、売買が発生したときには証券会社によって定められた手数料を払うことになります。

払う必要のないものは、なるべく(と言うより絶対払わない

今回の松井証券の決定は、投資家にとって大変嬉しい&選択肢が増える、良いニュースだと思います。

広告

まとめ

今回のキャンペーンは『松井証券』の覚悟を感じる内容になっています。

各証券会社が「手数料」に関して様々な対応を打ち出していますが、米国株の売買手数料無料『松井証券』にしかない魅力になります。そしてポイントサービスの還元にも力を入れています。

まだNISA口座を開設していない方は、2024年から始まる新NISAに向けて、『松井証券』を是非検討してみて下さい。

すでにNISA口座を持っている方は少々めんどくさいかもしれませんが(私自身のこと😅)、NISA口座を移すことも併せて検討してみて下さい。

オンラインで簡単に、しかも無料で口座開設できるので、興味のある方は下記のリンクから口座開設してみて下さい⇩

それでは今回は以上になります。
ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

※アイキャッチ画像の出典:いらすとや様

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA