スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

【他人に喜ばれる所】にお金が回る社会になればいいな

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

皆さんは『お金持ち』の人に対して、どんな印象を持っていますか?

私の体感ですが、

😑「どうせ悪いことして稼いでるんでしょ?」

😠「性格が捻じ曲がっているに違いない!」

といった偏見があると思っています。

中には、そんなことを思っていない人もいらっしゃることは理解しています。

ですが、日本人の多くはあまり『お金持ち』に対して良い印象を抱いていないように思います。

※ちなみに私は(最近まで)、『お金持ち』に対して「特に何も感じていませんでした」
😐「そのヒト個人が必死に頑張った結果なんだから、他人がどうこう言うことじゃなくない?」と思っていました。

なぜ日本の人はお金持ちにあまり良い印象を持っていないのか?』自分なりに考えて、最近至った結論があります。今回はそのことについて書いていこうと思います。

そもそもお金持ちって何すればなれるのか?

ちょっとだけ皆さんに考えていただきたいことがあります。

それは【お金持ちってどうすればなれるのか?】です。

いっぱいお金を稼げばなれるのでしょうか?、悪いことをすればなれるのでしょうか?、それとも莫大な遺産を相続すればなれるのでしょうか?

私の考えですが、『たくさんの人を喜ばせて、感謝された人』がお金持ちになれると思っています。

漠然としすぎてて、あまりピンと来ていない方がいらっしゃるかもしれないので、もうちょっと説明します。

一例としてYouTuberを挙げて説明します。

YouTuberという言葉&職業が一般に認知され出した際、世間からこんな声が出ていたのを今でも印象に残っています。

それは😡「あんなの職業じゃねー!楽して稼ぎやがって!」といったものです。
(ちなみに私はその当時からYouTuberに関して肯定的でした。というより振り返ってみると、その時から今の考えの土台が出来上がっていたんじゃないかなぁと思います。)

今までにない新しい価値観だったのもあり、(職業として)受け入れられない&広告収入で大金を稼いでいる現状に納得できない方が多くいらっしゃったと思います。

ですが、お金持ちは『たくさんの人を喜ばせて、感謝された人』という考え方を当て嵌めれば、お金を稼いでいることに納得いくのではないかと考えています。

YouTuberって動画を見てくれる人がいるからこそ、広告収入でお金を稼げるんです。有益な情報だったり、笑いや感動・エンタメを提供したりして、見てくれる人の貴重な時間を貰っているわけです。
つまり、視聴者の方々に『たくさん喜んでもらっているから』『価値を感じてもらっているから』あんだけ稼げているんだと思います。

今では(というか当時もか)将来子供がなりたい職業YouTuberがランクインしていますが、それと同時にが子供になってほしくない職業にもランクインしていますよね。

親が子供になってほしくないと考える気持ちもわかるつもりです。
いつまでも稼げるわけじゃない、お金を稼げるまでにはとんでもなく長い道のりがかかる、そして何より”安定”していない
といったことが反対される理由だと思います。

ですがそれって悪いことなんでしょうか?上記の理由だけでなってほしくないと結論付けるのって、なんか違う気がするんですよね。

すいません、話が脱線してしましたね🙇つまり、なにが言いたいのか一言で説明すると、

『たくさんのお客さんに感謝され、喜んでもらっているから』YouTuberが稼げているんだ、ということです。

YouTuberに限らず、お笑い芸人・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・医者・弁護士・スーパー&コンビニの店員さん・工事現場の作業員etc
世の中の全ての職業の人が、誰か(お客さん)に感謝&喜んでもらっているからお金が稼げているんです。

それが本質だと、私は思っています。

だからこそ『人に喜ばれるところ』にお金が回ることを願っています

先ほど【世の中の全ての職業の人が誰かに感謝&喜んでもらっているからお金が稼げている】と書きましたが、世の中には感謝&喜んでもらっている量に対して、報酬が少なすぎる職業があることも、もちろん分かっています。

保育士・介護士・学校の先生・(先ほども書きましたが)スーパー&コンビニの店員さん、他にも薄給で働いている方々。
みんな貰っている給料以上に感謝されているはずです。
※もしされていないなら感謝されるべきです。

そんな現状があるからこそ、タイトルに書いたような社会になれば良いなと願っています。

なぜ日本の人はお金持ちにあまり良い印象を持っていないのか?

前置きが長くなってしましたが、冒頭の問題に戻ります。

あくまで私の考えですが、『日本人がお金持ちにあまり良い印象を持っていない』のはあまりにも私腹を肥やすお金持ちが目に余っているからだと思います。

ビジネスで成功した人&投資で億り人になった人&政治家etc
みんな煌びやかな生活を見せびらかしたり、派手な生活をしていたり、国民のお金を(明らかに)無駄に使っていたり、😡「そんなにあるなら寄越せ!」と言いたくなるような使い方をしているから、印象が悪いんだと思います。

ちょっとでも還元する姿勢を見せてくれれば、印象が変わるのになぁと思わずにはいられません。

価値を感じるものにお金を払うなら、自分が貧乏かどうかは関係ない!

これから私の過去話をします。興味のない方は読み飛ばしちゃってください。

今年の7月に用事があり幕張に行ってきました。

その用事の帰りに駅前を通りかかった時、とある事がありました。

メチャクチャ日本語が流暢な外人さんがパフォーマンスをしていたんです。

その方のトークがとても面白く、手品だったり、目隠しをしながら(おそらく)3メートルくらいある一輪車にまたがり3本の鉄製の剣をジャグリングしたり、そのパフォーマンスに惹きつけられていました。

パフォーマンス終了後、自然な流れでおひねり(使い方合ってるかな?)を求められました。

その演者の方は「小銭でも良いです。でも個人的には顔が書いてあるお金が嬉しいです。」とおっしゃっていました。

私は一切迷わず一万円札を渡させていただきました。

その金額が多い少ないは抜きにして、その当時の私は「それくらい払っても良い!それくらいの価値があった!😊」と思っていました。

先ほどまでの話の流れだと
😠「お金持ちが貧乏人に恵むのが当たり前だ!」と言っていると思われる方がいらっしゃるかと思いますが、そうじゃありません!

私はその演者の方のパフォーマンスにすごく感動しましたし、払ったお金分の価値があったと本気で思っています。

その演者の方は、(私含め)観客に喜びを提供していました。
だからこそ、私はお金を払いました。

またしても何を言いたいか分からなくなりそうなので、一言で言うと「価値を感じるものにお金を払うなら、自分が貧乏かどうかは関係ない!」と言う事です。

私自身お金に余裕がある人生を送っていません。日々必死にやりくりしながら生きています。ですが、そんな中でも自分が感動したもの&価値を感じたものに関してはお金を払うようにしています。
自分に出来る範囲ですが、人に喜ばれている&感謝されている場所にお金を回すようにしています。

そういうちょっとしたことでも、多くの人がやれば大きなことになるはずです。
微力でもいいから、みんなでより良く社会を変えていきましょうよ。

まとめ

今回は『【他人に喜ばれる所】にお金が回る社会になればいいな』というテーマについて書いてきました。

😑「そんなことお金持ちがやれよ」🙁「それこそ国が何とかしろよ!」と思われるかもしれません。私も概ねその考えです。

とはいえ、実際それは難しいことも理解しています。※あまりにも私腹を肥やす方が多い印象ですので…

ですが、そんな社会になることを本気で願っています

だからこそ、私自身も含め社会全体で、みんなで、そんな世の中にしていきましょうよ!

巡り巡って自分が良くなるはずです。なぜなら、人に喜ばれる&感謝されることがお金持ちに近づける方法なんですから。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

※アイキャッチ画像の出典:いらすとや

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA