スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

【人生観】『良い種』を蒔いて『悪い芽』を摘み取っていきたい

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

生きていると良いこと・悪いことどちらも経験しますよね?

たまに「どうして自分にこんなことが起こるんだよ〜😢」と泣きたくなるくらいの出来事が起こることがあります。

それを「運が良い」や「運が悪い」の一言で片付けてしまいがちになります。確かに自分ではどうしようもできない、運命という大きなものによって降りかかるものもあります。

ですが、そうじゃないものもあるはずです!私は自分に降りかかった出来事のほとんどは、『自分で蒔いたタネが原因だ!』と思っています。

「良い出来事が自分の身に起こったら、過去に良い種を蒔いてたんだな。」
「悪い出来事が自分の身に起こったら、過去に悪い種を蒔いてたんだな。」
こう思うようにしています。

つまりどういうことか?というと、『良い種を蒔いて、悪い種を蒔かない(もしくは芽を摘み取る)』これを繰り返していけば自分に起こることは良いことばかりになる、ということです。

この考え方をしているおかげかどうか分かりませんが、「自分は運が良い!」こう思えるようになりました。

もし”自分は運が悪い”と感じている方は、この考え方を少しでも良いので取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA