スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

【不正流出】暗号資産ビットコインの流出について思うこと

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

今朝届いているGmailを確認していたところ、楽天ウォレット(仮想通貨サービスを提供している)からメールが届いていました。
このメールが届いた時、🤔「一体なんだろう?」と思いました。

内容としては、「5月31日にDMM Bitcoinにて暗号資産の不正流出が起こったので、至急確認したところ暗号資産は問題なく管理されてました。」とのことでした。
内容を確認した後、😌「あ〜良かった」と安心すると共に、🙁「いまだに不正流出とか発生するのか〜」とも思いました。

今回の件を受けて私としては『個人資産をしっかり守る力を鍛えなければいけない』と改めて感じました。
仮想通貨がこの世に生まれて15年以上経っていますが、今だに不正流出といった事件が定期的に起こっていますよね?
業界自体が黎明期なので、未だ対応できる技術が追いついていないから、事件が起こるのだと思うんです。
暗号資産を扱う業者や業界は早急に再発防止だったり、そもそも事件が起こらないような仕組みづくりをしていくべきだと思います。
ですが、時間がかかってしまうでしょうね。

これを受けて☹️「仮想通貨なんか持つべきじゃない!」☹️「よく分からないものを持つからこんなことになるんだよ!」と考えているわけではありません。
技術的に問題があるからといって、それに手を出さない理由にはならないと思いますし、何よりそういったものに早くから手を付けることで先行特典(要するにお金)を手にすることができます。

だからこそ上手い具合に使いこなしたり、振り向ける資産の割合を調整する必要があります。
※例えるなら、温度がよく分からない温泉にいきなり全身浸かるのではなく、片足から少しづつ温度を確かめながら入れていく、みたいなイメージです。

何より未だこのような事件が起こってしまう以上、全財産(もしくは資産の大半)を仮想通貨にぶっ込むようなことは、やるべきではない
これが今回のニュースで私が感じたことです。
このことを肝に銘じておいて、これから似たような投資対象が生まれたとしても、気を引き締めて注意しながら資産管理していきたい。こう考えています。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA