スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

『顧客第一』っていう企業理念は理解できるけど、納得いかない

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

皆さんの勤めている会社には”企業理念”というものはありますか?ちゃんと知っていますか?
もしかしたら、あることを知らない、そんな方がいらしゃるかもしれません。
ですが、おそらく日本に存在しているほとんどの会社にあると思います。

そんな”企業理念”ですが、私の勤めている会社にも当然のようにあります。
そこに書かれているのが、『顧客(お客さん)第一』です。
そして私は、その企業理念に納得がいっていません!

今回はそんな愚痴を書いていきます。不愉快に思われるかもしれない内容なので、今のうちにブラウザバックしたい方はそうしてください。🙇‍♂️

……よろしいでしょうか?それでは思いを書いていきます。

まず断っておきたいのが、『顧客(お客さん)第一』という理念・姿勢は賛成です。そこに文句を言いたいわけではありません!

じゃあなんなのか?というと、私がこの企業理念を全てにおいて、お客さん優先という風に捉えているからです。
ちょっと極端に感じられるかもしれませんが、😤「お客さんが優先なんだから会社や従業員はどうなっても良い!」こういう風に言われている気がするからです。
※私が労働者の立場なので、僻んで受け取ってしまうだけかもしれませんが…

大体にして本当にお客さんのことを思うなら、会社の商品全て”無料”で提供するべきじゃないですか?実際はどうですか?お金をいただいて会社は利益を上げてますよね?

無料で提供しない、それどころかお金(報酬)を貰っている、これで『顧客(お客さん)第一』ってよく言えますよね?っと思ってしまいます。
※お客さん第一ならボランティアで良いじゃん!

とはいえ会社は利益を上げなきゃいけない存在ですから、お金を頂いて儲けていく、この活動は必要です。というより本来の姿です。
なので「お金儲けが悪いんだ!」と、言うつもりはありません!
「お客さんにはタダでサービス&商品を提供するべきだ!」とも思っていません!
ただ『顧客(お客さん)第一』という企業理念には「お客さんの為なら、誰かが犠牲になるのはしょうがない」このような考えを含んでいる気がしてしまいます。

具体例というか、私の過去話をします。
私が今まで働いてきた職場(スーパーや工場現場)でも至る所で「お客さんを大事にしよう」と言われてきました。
その言葉を真に受けて頑張っても、給料が上がった試しがないので、会社は「お客さんのために、従業員は犠牲になれ!」こう考えているんだと思ってしまったんです。
だからこんな捻くれた思想を持ってしまったと、改めて思います。

なら、どんな言葉なら良いのか?

ここまで書いてきて思ったことがあります。恐らくですが私は、言葉・書き方が気に入らないんだと思います。

どちらかを蔑ろにされていると思われかねない(平たくいうとツッコミどころの多い)そんな企業理念を掲げているから、素直に受け取らないんです。
だから言葉を変えれば良いんです!

どんな言葉が私にとって心地が良いか考えてみました。そこでこの言葉が頭に浮かびました。
「三方よし」コレです!

「三方よし」とは、日本三大商人のひとつである近江商人の心得を表したもので、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」この三つが揃って初めて良い商売だ!という考え方です。

これなら『商売に関わる全ての人を幸せにする!』そんな決意&理念を感じることができます。

やっぱり私は、買い手(お客さん)だけでなく、売り手(会社&従業員)世間にプラスになっていく世の中の方が良いです!生きていきたいです!

『顧客(お客さん)第一』を掲げる会社は、今一度企業理念について見つめ直す&考え直す、これが必要なんじゃないかと思います。
ただ、理念は素晴らしくても行動が伴わないと意味がないので、そこも含めて振り返ってみて欲しいですね。

今回は以上になります。
たまにある愚痴を書き連ねるだけの記事になってしまい、申し訳ありませんでした。こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA