スポンサーリンク



なおモンの方丈紀 PR

『自分の時間』と『他人の時間』は”違う”ということを意識するようになった

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
なおモンです。

今日の話題

時間は誰にでも1日24時間しかありません。
世界中の何処にいても、一般人でも、芸能人でも、政治家でも、アラブの石油王でも、みんな平等に時間が決められています。

🤔「何を当たり前のことを言ってるの?」と思われましたか?
そんな事は皆さん理解していると思います。
ですが、【『自分の時間』と『他人の時間』は”違う”】ここまで踏み込んで考えた事はありますか?

誰にでも平等に1日24時間存在する時間。その過ごし方は人それぞれです。
多忙に過ごす人、のんびり過ごす人など様々です。
そして、その時間を他人が無駄にする事は赦されているわけではありません。
「これくらいいいじゃん」や「少しくらい待たせても良いよね?」などは自分勝手な考えです。

こう考えるようになったことで、『相手のことを尊重して且つ相手の時間も思いやる』この考え方をできるようになりました。

記事を作成してて思ったんですが、”人それぞれの時間の価値が違う”こう言っているわけではありません!
人に与えられた時間の価値は測れるものではありません!
だからこそ他人の時間を尊重し、またそれと同時に思いやる事をみんなで行うことが出来れば、社会は良くなっていくと期待しています。

この考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
なおモン
閉塞感を感じている現状を変えるべくブログを開設しました。 セミリタイアを夢見る手取り月収12万のアラサー低賃金労働者です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA